スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行⑥

6日目、この日はフィレンツェ~ベネチア、ベネチアで自由行動、ベネチア~アッサーゴ(ミラノの代替都市)と移動が多いです


ということで、長い移動で着いた『水上都市ベネチア
ずっとお天気がよかったのにあいにくの曇り空
今にも雨が降りそう。ベネチアはイタリアの北部なのでこれまた寒いっ
ベネチア①

ベネチア名物ゴンドラに乗りました
これは同じツアーの方々。
なんかこれから大海原に航海に行くみたい
ベネチア②

でも通るのはこんな細い水路

ベネチアは車の乗り入れができないので、交通手段は水上バス・タクシー・ゴンドラ。
でもゴンドラはめちゃ高い。
コース等で変わるみたいだけど、私達は20ユーロ(約3,300円)。高い
しかもゴンドリエ(ゴンドラ漕ぎ)同士がでかい声でしゃべり合うのでうるさかった
ベネチア③
ベネチア④


ほんまに寒かったので、お昼はホットチョコレート
あったまる。
ベネチア⑤

それとパニーニ
焼いてくれたのでパリパリ。美味しかった
ベネチア⑥



ベネチアで一番の賑わいを見せる、『サン・マルコ広場』

ベネチアは迷路のような街で、道に迷う観光客も多いそうです
確かに、私達もスーパーに行きたくてスーパーの袋を持った日本人観光客に
「スーパー行かれたんですよね?どこにありました?」
と聞いても
「なんか奥まったことにあったんですけど・・・」
と言われ、地元のおじさんに聞いても
「ここを左に行って、まっすぐ行って右に…」
と説明がやたら長かったので結局地図にしるしをつけてもらいました
ベネチア⑦
ベネチア⑧


うるさかったゴンドリエ達
冬やし、寒いからボーダーの服見れなくて残念
私達のゴンドリエなんて帽子すらかぶってなかったもんなあ…。
べネチア⑨


3時間ほどベネチアをウロウロして、アッサーゴへ移動

ディナーはミラノ風カツレツとリゾット
ってこのワンプレートとシャーベットのみ・・・。
女の私でもお腹いっぱいにならなかったのに、男の人は食べた気がしなかったんじゃないかなあ?
ベネチア⑩


この日はアッサーゴ泊。
あと1日。もうちょっとお付き合い下さい

theme : ★イタリア旅行★
genre : 旅行

イタリア旅行⑤

5日目、午前はフィレンツェ市内観光、午後はフリーです
  午後はオプションでアウトレットショッピングに行く人たちもいます!

バスで高いとこへ行きフィレンツェ市内を一望
『ドゥオモ』(=イタリア語で教会)がよく見えます
朝8時ころなので霞みかかってます
フィレンツェ①




『ベッキオ橋』
14世紀半ばにアルノ川に架けられた最古の橋。
元々は肉屋などが並んでいたけど、腐った肉を川に捨てていてフェルナンド1世が異臭を嫌って店を撤去させて、金銀細工師が集められたそうです。
今では橋の両側に貴金属、宝石店がずらりと並んでいます



このベッキオ橋の写真を撮ったのは、『ウフィツィ美術館』から
内部は一切撮影不可なうえに、残念ながら外観の写真も撮っていませんでした
私達はツアーなので団体予約してあるし、日本語ガイドさんもついていましたが、予約なしだとどれくらい待たなければならないか分からないみたいです。
ボッティチェッリ、ラファエロ、レオナルド・ダ・ヴィンチなどルネサンス期の絵画を揃えている点で、世界有数の美術館です

私と姉はここが一番よかったです
元々、美術が好きというのもあるけど、絵画にはそれぞれいろんな意味があって宗教や時代背景がおもしろいな~と思いました。
また行きたい
でも遠すぎる・・・。
フィレンツェ②


『ドゥオモ』を近くで
フィレンツェ③


ランチは日本語ガイドさんのおすすめのお店で
サラダはやっぱり重い・・・
フィレンツェ④

パスタはとっても美味しかったです
フィレンツェ⑤


フリーになって行ってみた『ベッキオ橋』。
近くで見るとただの通りで、橋なのかどうかさっぱり分かりません
フィレンツェ⑥


市場の一角にある猪の像
愛称は『仔ブタちゃん』だそうです
鼻先をなでたらフィレンツェに再訪できるという言い伝えがあるそうで、お鼻がピカピカ
座り方がなんとも可愛い
フィレンツェ⑦


ジェラードを食べに入ったお店のお兄さん(奥の人)を激写
ちょっと分かりづらいけど、かっこよかったです
こういう街角のカフェで、スーツでカプチーノ淹れてくれる素敵なお兄さん
イタリア最高
フィレンツェ⑧


『シニョリーア広場』に立つ、アンマンナーティ作『海神ネプチューンの噴水』
フィレンツェ⑨


ディナーはテイクアウトでピザとかパニーニを買ってホテルで食べました
お店のお姉さん、日本人の私達に言葉が通じないからかちょっと無愛想だったのですが最後にドーナツを紙袋にサクサク詰めて
「Present for you!!」
と渡してくれました
めちゃ嬉しかったです
フィレンツェ⑩


ローマ、フィレンツェと歩きまわってほんと疲れました。
でもフィレンツェはまた行きたい
ウフィツィ美術館で売ってるガイドブック買わなかったのをとっても後悔しています

この日はフィレンツェ泊。
あと2日です

theme : ★イタリア旅行★
genre : 旅行

イタリア旅行④

4日目、朝から15時頃までフリーです
オプションでバチカン美術館に行く人たちもいます。

私達は、ホテルから歩いて行けるというので昨日は入れなかった『コロッセオ』に入りました
人と猛獣がここで生死をかけた戦いをしていたんですね・・・。
300年以上も続いたそうです
それもすごいと思ったけど、この建物を昔の人が8年で完成させたのもびっくりです。
ひとり9ユーロ。
ローマ1
ローマ2
ローマ3


『コロッセオ』の隣にある『フォロ・ロマーノ』。
フォロ=公共広場。
いろいろな神殿や凱旋門が残っていて、興味津々
しかもここは無料で見れるんです
いや~さすがローマ
発掘されていない遺跡がまだまだあるんですって。。。
ローマ4
ローマ5
ローマ6


『フォロ・ロマーノ』から頑張って歩いて『真実の口』
姉が持ってたガイドブックに載ってた通り、こんな所にあっていいの?っていうくらい道のすぐ横。
並んで順番が来たら一人1枚写真を撮って出ます
とても映画のように彼氏とキャアキャア言って楽しむ雰囲気ではありません
(私は関係ないけど…)
ちゃんと管理人さんらしき人が監視してます。
私達は5分くらいで順番が回って来たけど、運が悪かったら観光バスで乗り付けた団体さんに出くわして結構待つことになっちゃいます
ローマ7


ランチはスペイン広場近くのバール(カフェみたいなとこをイタリアではBAR=バールと言う)で
ローマのピザは薄い生地。
めちゃうまいグー!
ローマ8

旅行に行くとお通じが悪くなるし、朝食のビュッフェでは一切野菜なし(イタリア人の朝はパンとエスプレッソだけという軽めが普通らしい)やし、パスタやピザばかりで野菜不足なのでサラダを注文。
これ↓シーザーサラダ
チーズソースかかってるし、チキン乗ってるし、重いよ・・・。
ローマ9

カルボナーラはローマが発祥らしいです。
で、カルボナーラ。
これがイタリアの定番カルボナーラかは分からないけど、日本のが美味しいですグーググー!
ローマ10

その後は、集合時間まで買い物
スペイン広場付近はブランドショップをはじめ、お店がいっぱい
買ったものやお土産はまた最後に載せますね



この日は結構歩いたので、疲れました
イタリアは普通の車道でも石畳があたりまえで、すごく歴史を感じられるのはいいのですが足が疲れます…。私はペッタンコのブーツを履いてたけどもうグッタリ
同じツアーの女の子なんてピンヒールのブーツでした。。。
若いってすごいわ
イタリアに行く時はスニーカーをオススメします




・・・でタクシーを使ったのですが、流しのタクシーは拾わず、タクシー乗り場で乗るようにガイドさんに言われていました。
けど、正直ぼったくられたかどうかなんて分かりませんよね
でも、これはおかしいやろ?と思ったのはこの後のフィレンツェで乗ったタクシー。
着くちょっと前まで6.5ユーロくらいだったのに着いて「ピッ」って会計ボタンみたいなん押したらいきなり9ユーロ
これで合ってんの?ぼったくってんちゃうん?なんてとっさに英語でも言えるわけもなく払いましたけど…姉が





夕方からフィレンツェへ移動

ディナーはホテル内レストランで
メニュー名は不明…パスタと肉
ローマ11
ローマ12


この日はフィレンツェ泊。

theme : ★イタリア旅行★
genre : 旅行

イタリア旅行③

【※画像多いです】
3日目、午前中はナポリからローマへ移動です

イタリアはいろんなとこの車がありました
日本車はあまり見かけず…基本はその辺に停めれる小型車が多い
イタリアと言えばフェラーリ
ローマで2台だけ見ましたよ
ローマ①

ランチはペンネアラビアータと、下はサルティンボッカ(ローマ風牛肉ソテー)
ローマ②
ローマ③


お腹いっぱいになったら『ヴァチカン市国』へ。

■ヴァチカン市国とは?
世界最小の独立国。
独自の通貨や切手も発行している。

ローマ④

サン・ピエトロ広場
ローマ⑤

ヴァチカン美術館
ローマ⑥


『コロッセオ』
ツアーでは外観のみ。
翌日のフリーで中に入りました。
ローマ⑦


超有名『トレビの泉』

「そこ、流れてないよ」と指差している…ウソ
私が聞いたのは後ろ向きで左肩越にコインを投げる。
1枚は再びローマに来れる。
2枚はなんだっけ?いい出会いがある…だっけ?
3枚は離婚とか別れたい人と別れられる。

自分が2枚投げたくせに忘れてるし
ちなみに日本円でもOKだそうです。
私は10円玉2枚。ケチりました
ローマ⑧


トレビの泉近くでまたまたジェラード~
ここは2ユーロ(約330円)。
「ナカタJAPAN」というジェラードもあったけど、さすがに食べませんでした。
注文するのが恥ずかしい
それにしてもウマすぎる
ローマ⑨



ここがどこだか分かりますか???
この人、人、人で埋め尽くされた階段は映画『ローマの休日』のワンシーンで有名な『スペイン階段』なんですよ
ちょうどこの日は日曜日。
全員がイタリア人かどうかは分からないけど、私からしたらこんな階段に座りこんで一体何が楽しいんだ?と思うけど…。
カップルがイチャイチャしてましたし
ちょっと旦那が恋しくなった私。。。
因みに次の日の月曜の午前中に通ったらガラーンとしてました
ローマ⑩


ディナーはカンツォーネを聞きながら・・・
料理名は不明です(-_-;)
パスタは分かりにくいと思いますが、めちゃ太いし穴が開いてます。
マカロニみたいな感じ?
だからすすろうとしてもスースー言って食べにくい
さっき調べたら『ブカトーニ』というパスタなんですね。

このカンツォーネディナー。
店内で生演奏を聞きながら優雅に食べられると思っていたのに、各テーブルをまわって歌うので、箸止めてじゃなくてナイフとフォークを止めて聞かなきゃならない
終わった・・・と思って食べてるとまた来る。
ちょっとカンツォーネいらない、と思ってしまった
ローマ⑪
ローマ⑫


この日はローマ泊。

theme : ★イタリア旅行★
genre : 旅行

イタリア旅行②

【※画像が多くなります】

2日目、いよいよイタリア満喫ツアーの開始です
まずは、ナポリの街並みをバスで巡ります。

ナポリと言えば・・・ニュースでも取り上げられていたゴミ問題
「観光客が通るような所はそれほどでもない」と聞いていたのですが、写真がなくてごめんなさい。
けっこう凄かったです
イタリア南部は治安があまり良くないらしく、壁に落書きは当たり前な上にゴミがてんこ盛り
せっかくの観光地なのに残念だなあ…。
ナポリ①
ナポリ②
ナポリ③


その後は、世界遺産『ポンペイ遺跡』へ。

■『ポンペイ遺跡』とは?
西暦79年に噴火した火山の灰で、一瞬のうちに埋もれてしまった古代の街。
噴火直前には人口2万5000人だったと推定される。


ガイドブックで知識はあったけど、実際見るとすごかったです。
お店だったところや、家、浴場、そして男性が女性を○○するところまで残っていてビックリ
ポンペイ①
ポンペイ②


船に乗って『カプリ島』へ渡りまーす
有名人の別荘がたくさんあるそうです。
白い建物がいっぱいです
カプリ①

『青の洞窟』
波が高いと入ることができないほど、入り口が狭い洞窟です。
特に冬場は、入れる確率が9%!と言われるほどなんです
このツアーでも入れなかった時のために代わりのツアーが用意されていました。

・・・が、私達はツイていた
9%の中に入れました
6人しか乗れない小船に乗って、入り口がかなーり狭い洞窟に入るのですが船に寝そべるくらい頭を下げないと入れません。そして必死で写真を撮って、「うわーっ!キレイやー」と言ってると
「アタマサゲテ!」
とすぐ船頭さん(?)に言われておしまい
早いっけどキレイだったなあ
カプリ②

ランチはスパゲティボンゴレ
味薄い!醤油かけたい!
カプリ④

セレブが集う広場で優雅にジェラード
さぶいっ!しかも7ユーロ(約1,155円)・・・高い!
カプリ③

カプリ島を上から眺める。
カプリ⑤

ディナーはピッツァ。
ナポリは生地厚め。
美味しかったです
カプリ⑥


この日は、ナポリ泊。

theme : ★イタリア旅行★
genre : 旅行

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ぱるる

Author:ぱるる
結婚9年目。
香川県高松市在住。旦那と猫の2人1匹暮らし。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りblog
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。